上流ニート。吉野家の高級カレーを200円で食す

お前ら、今日もくだらない日常を過ごしてるんだろうな。

まあ、そんなお前らとは違って俺には上流ニートならではの特権があるんだ。
今回はその一つ、吉野家の優待券を使った体験をシェアしてやる。

お前らが味わえない贅沢を堪能した俺の話を、心して聞け。

目次

吉野家優待券とは何か

まず、吉野家の優待券について少し説明してやる。
この優待券は、株主や一部の特権階級にしか渡されない特別なもので、普通の労働者階級には一生縁がない。

俺のようにネットのフォロワーさんからありがたくいただくこともあるが、これは俺が彼らにとって価値のある存在だからこそ成り立つ話だ。

お前らも俺のように優雅な生活を送りたいなら、まずは人間関係を見直してみるんだな。

高級感溢れる吉野家での食事

さて、その優待券を使って行ったのが吉野家。
お前らはただの牛丼チェーン店だと思っているかもしれないが、俺にとってはそれ以上の価値がある。
行ったのは平日の昼下がり。

店内は清潔で落ち着いた雰囲気。
俺のような上流ニートに相応しい環境だ。

食べたメニュー:肉だく牛スパイシーカレー

俺が選んだのは「肉だく牛スパイシーカレー」。税込699円のところ、優待券で200円に抑えた。これが上流ニートの知恵だ。普通の人間がフルプライスで食べるものを、俺は優待券で格安に楽しむ。これが俺とお前らの差だ。

味の感想

このカレー、ただのカレーじゃない。
スパイシーな風味と肉だくの贅沢さが絶妙にマッチしている。

スパイスの効いたカレーソースが口の中で広がり、牛肉の旨味がそれを引き立てる。
この味わい、普通の労働者階級には到底理解できないだろう。

だが、俺のような特権階級にはこの上ない喜びだ。
200円でこれだけの贅沢を味わえるのも、上流ニートならではの特権だ。

お前らには理解できない上流ニートの贅沢

吉野家の優待券を使って食事を楽しむ。
この一見何気ない行為が、俺の生活の一部なんだ。

お前らが必死に働いて得る金では味わえない贅沢を、俺は優待券で簡単に手に入れる。
この現実を直視しろ。

お前らももっと賢く生きる方法を考えるんだな。
吉野家の肉だく牛スパイシーカレー、ぜひ一度味わってみろ。ただし、フルプライスでな。笑

ブログランキング参加してます
クリックしてもらえるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次