定額減税がもたらす影響とは?お前らに教えてやる

2024年6月から、政府は「定額減税」を実施するんだってよ。

何十年も続いたデフレの対策として、ようやく動き出したわけだ。
お前らが泣きついている「物価高騰で生活が厳しい」なんて愚痴を少しは解消してやるための政策らしい。
だがな、所詮一時的なものだってことを忘れるな。

忙しいお前らのために寝ずに調べてやったぞ

目次

対象者:お前らが減税を受けられる条件

お前らが定額減税の恩恵を受けられるかどうかは、以下の条件を満たしているかどうかによる。

所得税

  • 日本国内に住所があること
  • 2024年分の所得税の納税者であること
  • 合計所得金額が1,805万円以下であること

住民税

  • 日本国内に住所があること
  • 2024年分の個人住民税所得割の納税者であること
  • 合計所得金額が1,805万円以下であること

この条件を満たす納税者本人のほか、同一生計配偶者や扶養親族も対象になるぞ。

減税額:具体的な恩恵はどれくらい?

定額減税によって、お前らの税負担は次のように減る。

所得税

  • 納税者本人:3万円
  • 同一生計配偶者または扶養親族:1人につき3万円

住民税

  • 納税者本人:1万円
  • 同一生計配偶者または扶養親族:1人につき1万円

つまり、1人あたり合計4万円の減税だ。例えば、お前が扶養親族2人と同一生計配偶者を持つ世帯なら、合計16万円の減税になるわけだ。だがな、それでも根本的な問題解決には程遠い。

定額減税を受けるには手続きは必要か?

給与所得者の場合

お前がサラリーマンなら、特に手続きは必要ない。会社が全部やってくれるからな。ただ、給与計算担当者が6月以降に必要な事務手続きを行う必要があるだけだ。お前は指示された通りに従うだけでいいんだよ。

個人事業主の場合

自営業者は確定申告をすることで定額減税を受けられる。予定納税が発生する場合は、第1期分の予定納税額から減税分が控除される。手続きが面倒だろうが、自分のためだと思ってやるんだな。

公的年金受給者の場合

年金受給者も特に手続きは不要だ。所得税は年金支給時に控除され、住民税は10月分から控除される。年金だけじゃ生活は楽にならんが、少しでも助けになればいいな。

アルバイトは対象になる?

アルバイト収入が103万円以下なら扶養者が減税を受ける。103万円を超えていれば、お前自身が減税を受けられる。アルバイトだからといって甘く見るな、ちゃんと手続きしろ。

複数の所得がある場合

複数の所得がある場合は、給与や公的年金から定額減税を受け、確定申告で精算する。要するに、しっかりと計算して税務署に申告しろってことだ。

住宅ローン控除やふるさと納税への影響

住宅ローン控除

住宅ローン控除額が減ることはない。定額減税前の所得税額から控除するからな。心配無用だ。

ふるさと納税

ふるさと納税の控除上限額は、定額減税の控除前の住民税額で判定する。だから、控除上限額が減ることはない。さっさと納税して地域を支えろよ。

住民税非課税世帯・低所得者には給付金がある

住民税非課税世帯

1世帯あたり7万円の給付金が支給される。さらに、2023年の夏以降に3万円の臨時特別給付金も支給されているから、合わせて10万円だ。甘えずに有効活用しろ。

住民税均等割のみ課税世帯

1世帯につき10万円の給付金が支給される。住民税非課税世帯と同様に、家族全員が個人住民税が課税されている場合は対象外だ。

低所得の子育て世帯への子ども加算

18歳以下の子ども1人あたり5万円が支給される。住民税均等割のみ課税世帯なら、給付金と合わせて合計20万円の支援が受けられる。

まとめ:定額減税を有効活用しろよ

結局のところ、定額減税で一時的に手取りが増えるだけだ。お前らが普段から計画的に生活していれば、少しの減税でも役立つかもしれないが、大きな改善にはならん。家族としっかり話し合って、有効活用しろよ。

ブログランキング参加してます
クリックしてもらえるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次