生活保護で所有してはいけないもの:怠け者のための指南書

お前ら、これから生活保護を受けようとしてる奴らに、一つ教えてやる。

生活保護ってのはただの「お小遣い」じゃねえんだよ。
もらう以上は制約も多いし、所有できないものもある。

そこらへんを知っておかないと、後で痛い目見るのはお前らだからな。
今回は、生活保護受給者が所有してはいけないものについて詳しく説明してやる。
勉強しとけよ。

目次

車とバイク:必要不可欠じゃないならアウト

まず一番目に挙げるべきは車とバイクだな。

生活保護を受けてるくせに、贅沢品としての車やバイクを所有するなんておかしいだろ?

田舎で公共交通機関がほとんどなくて、どうしても車が必要って場合以外は、基本的にアウトだぞ。
どれだけ田舎だって、お前らの移動なんかどうでもいいんだから、贅沢言ってんじゃねぇ。

例外条件

もちろん、例外はある。
通院が必要な病気持ちとか、家族に介護が必要な人がいる場合は特例が認められることもあるが、基本的には無理。

甘い期待を持つな。

高額な家電製品:そんなもんいらねぇだろ

次に、高額な家電製品。大画面テレビや超高級オーディオなんか持ってたら、何のための生活保護だよって話になる。

必要最低限の家電ならOKだが、贅沢品は絶対に許されない。

生活保護ってのは最低限の生活を保証するものであって、娯楽を満喫するための金じゃねぇからな。

例外条件

ただ、病気のために必要な医療機器なんかは許される場合もある。
だけど、それも証明が必要だし、簡単には通らない。お前らが思ってるほど甘くはねぇ。

預貯金と資産:隠してもバレる

預貯金や不動産も、基本的に所有できない。
生活保護を受けるってことは、それらを全て使い果たした状態であるべきだからな。

持ってるのに生活保護を申請したら、それはただの詐欺だ。

しかも、福祉事務所はお前らの財産をチェックするから、隠してもバレるぞ。
正直に全てを報告しとけ。

例外条件

生活保護を受けている期間中に、親族から相続することになった場合などは、速やかに報告しないといけない。

それでも、例外として認められることはまずない。

宝飾品と高級ブランド品:それを売れ

宝飾品や高級ブランド品も当然アウトだ。
生活保護を受ける前に、それらを売って生活費に充てるべきだろう。

貴金属なんか持ってる時点で、生活保護を受ける資格なし。

そんなもの持ってても、何の役にも立たないんだから、さっさと売れよ。

例外条件

婚約指輪とか、特別な意味を持つものに関しては、状況によっては所有が認められることもあるが、極めて稀だ。
大事な思い出とか言っても、生活保護の世界ではそんなもん何の価値もない。

その他の贅沢品:持つ資格なし

その他の贅沢品も基本的には全部ダメ。
例えば、趣味で使う高額な道具や、旅行のための資金なんかも絶対に許されない。
お前らは、最低限の生活を送るために生活保護を受けてるんだから、贅沢は一切許されないってことを肝に銘じておけ。

例外条件

唯一許されるのは、生活に直結するもののみ。
例えば、健康のために必要なものや、就労支援のための道具などだ。
それも証明が必要だから、簡単に手に入ると思うなよ。

最後に

結局、生活保護を受けるってことは、それだけ厳しい制約の中で生きていかなきゃならないってことだ。
贅沢品を持ち続ける余裕なんかお前らにはない。

生活保護を受ける前に、しっかりと整理しておけよ。
怠け者には、それなりの覚悟が必要なんだ。理解できたか?しっかりやれよ。

ブログランキング参加してます
クリックしてもらえるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次