現物給付のメリットと課題を知らないお前らに教えてやる!

お前ら、現物給付についての議論がよく出るが、ここでしっかりと俺の視点から解説してやるぞ。

生活保護を現物支給にするメリットと課題について、しっかりと理解しろよ。

目次

現物給付の考えられるメリット

生活保護費が適切に使われる

現物給付なら、生活保護費が無駄に使われることを防げる。
お前らみたいに自制心のない奴らがパチンコやアルコールに金をつぎ込むのを防ぐためにも有効だ。

適切な食事や住居が提供されれば、健康的で文化的な生活が保証される。
これ、要するに金を持たせるとろくなことにならない奴らにはピッタリってことだ。

まわりを見てて思うのが、金銭管理能力のないやつが多くて金欠になっていることが多いぞ

生活保護利用者も楽に生きていける

現物給付なら、お前らは生活を考える必要がなくなる。
すべて丸投げできるってわけだ。

食事も住居も医療もすべて提供されるから、何も心配せずに生きていける。
こんなに楽なことはないぞ。

現物給付にかかわる課題

支給する現物をどうやって決めるか

現物給付の最大の課題は、支給する現物をどうやって決めるかだ。
お前らが何を必要としているのかを一々チェックするのは面倒だし、個々のニーズに合わせるのは不可能だ。
結局、画一的な対応になってしまう可能性が高い。

現物はどうやって支給するのか

現物をどうやって支給するかも大きな問題だ。
物流コスト、保管コスト、配布の手間など、考えるだけで頭が痛くなる。
行政がこれを一手に引き受けるとなると、かなりのリソースが必要だ。

現金支給の方が安上り

結局、現金をそのまま渡す方がコスト的には安上りだ。
現物支給にかかる管理コストや手間を考えると、現金支給の方が効率的だという結論になる。
お前らが無駄遣いしないように見張るコストよりも、現金渡して自己責任でやらせる方がマシだってことだ。

最低限の生活保護は現物支給すべき論

一部の声として、生活保護は最低限のものであるべきだという意見がある。
現物支給がそれを実現する手段だという考えだ。
お前らが楽をすることを許さないってわけだな。

だが、もし現物支給が実現されれば、今度は「生活保護ばかり楽をさせるな」とか、「手間がかかりすぎる」とか、文句を言う奴らが出てくるだろう。現物支給はメリットがあるが、課題も多すぎるのが現実だ。

結論

現物給付には確かにメリットもあるが、課題が多すぎて実現は難しい。
結局、お前らが自分で生活を考え、自立することが最も重要だ。
現物給付の議論なんて、所詮は働かない奴らのための話だ。
働けるうちに働いて、自立した生活を目指せ。それが一番の解決策だぞ。

ここまで俺の意見だが、これで現物給付についての理解が深まったか?
どうせお前らには無理な話だがな。

現物支給だのなんだの考える暇があったら、まずは働け。それが一番の答えだぞ。

ブログランキング参加してます
クリックしてもらえるとブログのモチベーションになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次