形ばかりの支援法:ヤングケアラーは本当に救われるのか?

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュース Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

2024年6月4日、参院内閣委員会で自民、公明両党の賛成多数で「子ども・若者育成支援推進法改正案」が可決され、ヤングケアラー支援がようやく明文化された。

だが、これが実際にどれほどの助けになるのか、その効果は甚だ疑問ですぞ。
結局、政府のやることなんて表面だけ取り繕ったポーズに過ぎないのだから。

目次

ヤングケアラーの現実

ヤングケアラーとは、家族の介護や世話に追われ、日常生活を過度に担っている子どもや若者を指しますぞ。

今回の改正案では、ヤングケアラーを「家族の介護その他の日常生活上の世話を過度に行っていると認められる子ども・若者」と定義し、国や自治体が支援に努める対象に加えることが決まった。

お前ら、これを聞いて少しでも救われる気分になるか?はっきり言って、それは無駄な期待ですぞ。

改正案の背景

改正案が成立した背景には、ヤングケアラー支援に取り組む自治体が未だに少ない現実がある。

2023年のこども家庭庁の調査によると、全国1221自治体のうち、「相談窓口の整備」などを推進している自治体はわずか7.8%に過ぎない。
都道府県は57.4%と半数を超えるが、政令市は25%、一般市町村は4.3%と対応にばらつきがある。

お前ら、これを聞いてどう思う?
支援が必要な子どもたちを放置しているこの現実、全くもって情けない。

法制化の意義とその限界

法律で支援を明文化することで、地域差が解消されると期待されている。
しかし、現実はそう甘くない。

支援が形ばかり整っても、実際に助けが必要な場面で適切に機能するかどうかは別問題ですぞ。
家事や育児支援を実施している自治体は16.2%、「サロン(当事者同士の交流の場)の設置・運営、支援」は3.1%という低さだ。法律があっても、その実行が伴わなければ意味がない。

支援策の実情

調査では、ヤングケアラー78人へのアンケートも実施され、「家族や自分自身についての相談」が利用してよかったと感じた支援策のトップに挙がったが、それでも34.6%に過ぎない。

他の支援策、「家事や世話の代行、手伝い」「居場所、サロン(の設置)」が12.8%と続くが、全体的に満足度は低い。
政府や自治体が本当に支援の必要性を理解しているのか甚だ疑問ですぞ。

持続可能な支援の構築

有識者らの検討委員会からの意見も踏まえ、「中長期的な視点でヤングケアラーを支援していくこと」と「支援の持続可能な仕組み」を両立させることが重要だと報告書は指摘する。

しかし、お前らが思うに、これがどれほど現実に即した意見か?
机上の空論に過ぎないのではないか?

政府や自治体が真剣に取り組まなければ、全てが無駄に終わる。そう思わないか?

結論

今回の法改正が成立したことは一歩前進かもしれない。

しかし、実際の現場でどれだけの効果を発揮するかは極めて疑わしい。
お前ら、こんな形ばかりの法整備に期待しても仕方ないですぞ。

根本的な解決策は、政府や自治体が真剣に支援策を実行することでしか得られないのだからな。
結局、ヤングケアラーの苦しみを本当に理解している者は少ない。

この現実を見て見ぬふりしているお前らのせいでもあるんだぞ。

モチベーションのためにブログランキング参加してます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次