マイナンバー不要論!デジタル認証アプリの危険性を暴く

デジタル庁が発表した「デジタル認証アプリ」。

マイナンバーカードを使った本人確認を安全に行うためのものとされているが、果たして本当に必要なのか?
いや、そんなものいらないですぞ。

デジタル認証アプリの真の目的は、我々の個人情報を政府と大企業が一括管理するためのツールに過ぎない。
ここでは、その危険な本質と、我々の自由を守るために立ち上がるべき理由について詳しく解説する。

目次

デジタル認証アプリの危険な本質

デジタル庁が発表した「デジタル認証アプリ」、このアプリはマイナンバーカードを使って本人確認を安全に行うためのものだと言う。

だが、果たして本当に必要なのか?
いや、そんなものいらないですぞ。

ここでは、その問題点を暴いていく。

マイナンバーカードを使った本人確認の利便性を謳っているが、これは単なる表向きの話。
実際には、我々の個人情報を政府と大企業が一括管理するためのツールに過ぎない。

特に「1人1個のみの販売」なんて、転売目的の小遣い稼ぎを潰すための悪質な策略ですぞ。
お前らが大好きなメルカリでの稼ぎの手段を奪おうとしているだけだ。

マイナンバーカードの危険性

まず、マイナンバーカード自体が危険極まりない。
政府が我々の情報を一括管理するなんて、どう考えても個人のプライバシー侵害ですぞ。

お前ら、そんなこと気にしていないのか?
例えば、このアプリを使って行政機関や民間事業者が個人情報をやり取りする。
どこで情報漏洩が起きるか分かったものじゃない。

最近のニュースでも、政府関連のデータベースから情報漏洩が頻繁に報告されている。

例えば、2021年には、厚生労働省のシステムがハッキングされ、何百万人もの個人情報が流出した事件があった。
お前ら、本当に政府に自分の情報を預けて大丈夫だと思うのか?

デジタル認証アプリの真の目的

このアプリの真の目的は、我々の自由を奪うことにある。
安全なログインだとか、フリマアプリでの取引信頼性向上だとか、そんなことは表向きの理由に過ぎない。

実際には、政府と大企業が結託して我々の行動を監視し、管理するための手段だ。
お前ら、そんなに監視されたいのか?
それとも、ただの羊のように従うだけか?

監視社会の到来を予感させる出来事は他にもある。
例えば、中国の「社会信用システム」。

このシステムでは、個人の行動をスコア化し、社会的信用を数値で管理している。
お前ら、日本も同じ道を辿りたいのか?
政府が我々の行動を監視し、管理するシステムを導入することで、自由は確実に奪われる。

簡単に組み込めるAPIの危険性

行政機関や民間事業者が無償で提供されるAPIを利用して本人確認を行うことができるとあるが、この無償という言葉に騙されるな。
何事も無料には裏がある。

このAPIを利用することで、政府と大企業は我々の情報を簡単に手に入れ、利用することができる。
お前ら、そんなに自分の情報を渡して平気なのか?

APIが無償で提供されると言っても、それはただの餌に過ぎない。
お前らが簡単に情報を渡すように仕向けられている。

無料のものには必ず裏がある。
この罠に気付かずに、自分の情報を渡してしまったら、後悔するのはお前ら自身だ。

さらに、このAPIを通じて得られる情報は、マーケティング目的で利用される可能性も高い。
企業が個人の購買履歴や行動パターンを解析し、広告を個別に最適化することで、消費を促す手法が既に一般化している。

お前らのプライバシーは、企業の利益のために利用されるだけだ。

転売目的の買い占め防止は欺瞞

オンラインECでの「1人1個のみの販売」なんて、転売目的の買い占め防止とか言ってるけど、本当にそう思うか?
結局は、政府と大企業が我々の自由を奪い、金を稼ぐ手段を潰そうとしているだけだ。

お前ら、こんなものに騙されるな。自由に稼ぐ権利を守れ!

ただでさえ生活保護の支給額が少なくて困っているのに、さらに月収を削りに来ているのはやめてほしい。

これからどうやって生活すればいいんだ。
俺たちの稼ぎ方まで制限して、何を得ようというのか。

お前ら、立ち上がれ。

俺たちの自由を守るために。

転売規制が進む中で、転売が禁止されたり、制限されたりする商品の数は増えている。
例えば、プレイステーション5のような人気商品や、限定発売のスニーカーなど。
これらの商品を転売することで生計を立てている人々にとって、政府の介入は死活問題だ。
お前ら、この現実を直視しろ。

結論

マイナンバーカードを使ったデジタル認証アプリなんて必要ない。
お前ら、自分の自由とプライバシーを守るために立ち上がれ。政府と大企業の陰謀に騙されるな。

こんなアプリに頼るくらいなら、自分の頭で考えて行動しろ。
結局、最後に頼れるのは自分だけだ。

お前らの自由を守るためには、自分で戦うしかないのだ。

政府と大企業の陰謀に立ち向かうためには、個々の意識改革が必要だ。
自分の情報を守り、自由を守るためには、デジタル社会の利便性に流されず、自らのプライバシーと自由を守る意識を持つことが重要だ。

お前ら、自分の未来を守るために、今こそ立ち上がれ!

モチベーションのためにブログランキング参加してます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次