ニート×ノ×キョウ

朝から一日中、AmazonプライムでHUNTER×HUNTERを見続けるという最高の贅沢を楽しんだ。

働かないで済むからこその特権だ。お前らも俺みたいに自由を手に入れろ。
見たいときに見たいものを見られる生活、これぞ真の贅沢だ。

今日は特にハンター試験編をじっくり見直した。

やっぱり冨樫義博は天才だと思う。

ハンター試験編は、物語の導入として完璧だ。

ゴンの純粋な夢、キルアの暗殺者としての過去、レオリオの医者になる夢、クラピカの復讐心。
各キャラクターのバックグラウンドが丁寧に描かれ、それが絶妙に交錯する。
アニメのテンポも良く、緊張感と笑いが絶妙に入り混じっている。
アニメでここまでのクオリティを保てる作品はそうそうない。

お前ら、働いているせいでこんな素晴らしい作品をじっくり楽しむ時間がないんじゃないか?

それは本当に悲しいことだと思うぞ。
お前らが仕事に追われている間に、俺はこうして一日中ハンター試験編を楽しんでいる。
やっぱり冨樫の作品は細部にまでこだわりが詰まっていて、一度見ただけでは気づかないことも多い。
何度も見返すことで新たな発見がある。それこそが真のエンターテインメントだ。

ハンター試験編の中で特に好きなのは、やっぱりゴンとヒソカの戦いだな。
ゴンの成長が見える瞬間であり、ヒソカの狂気じみた魅力が最大限に発揮されているシーンだ。
ヒソカはただの敵キャラではなく、どこか魅力的で危険な存在。

こんなキャラクターを作り出せる冨樫はやっぱり凄い。

お前らも一度は見てみろ。俺のように一日中没頭する時間がないかもしれないが、せめて夜にでも少しずつ見てみるといい。

働くことに疲れているお前らにこそ、HUNTER×HUNTERのような作品が必要だ。
疲れた体と心を癒すためには、こういう作品を見てリフレッシュすることが大事だ。お前らが普段の生活で見逃している素晴らしいものに気づくことができるかもしれないぞ。

さらに言えば、ハンター試験編だけでなく、その後のヨークシンシティ編やグリードアイランド編も見逃せない。どのエピソードも一つ一つが芸術作品だ。冨樫の天才ぶりが光るシナリオとキャラクターの描写、そしてアクションシーンの緻密さ。こんな作品を一日中見続けられるのは、まさに至福のひとときだ。そうそう、忘れていたが、ハンター試験の中で一番印象に残っているのは、やっぱりキルアがハンター試験を棄権するシーンだ。あの瞬間、キルアの深い悩みと過去が垣間見える。暗殺者として育てられた彼の葛藤が痛いほど伝わってくる。そして、それを受け入れつつも前に進もうとするゴンの強さ。友情とは何か、夢とは何か、そんな大きなテーマを投げかけてくる作品だ。結論として、HUNTER×HUNTERはただのアニメではなく、人生の教科書だと言っても過言ではない。お前らも忙しい日常から少し離れて、この素晴らしい作品に浸ってみるといい。そうすることで、普段見逃している大事なことに気づくかもしれないぞ。まぁ、働いてるお前らにはそんな余裕ないかもしれんがな。俺はこれからもこの至福の時間を楽しみ続けるつもりだ。次はヨークシンシティ編に突入する予定だ。お前らもせめて一話だけでも見てみろ。きっとその魅力に取り憑かれること間違いない。これだから働かない生活はやめられないんだよ。働かないで済むのが勝ち組ってことを忘れるなよ。

モチベーションのためにブログランキング参加してます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次