日本の土地が外国人に買われる!?制限なき売買に反対する理由

お前ら、また問題の本質を見失ってんじゃねえか。

外国人による日本の土地の買い占め、これは一大事だ。

何も対策を講じないで、ただ黙って見ているだけじゃ、日本の未来は暗い。
俺たちはこの問題を徹底的に考える必要がある。

今回は、外国人による土地の売買に関する現状や問題点、そして規制の動向について、俺の視点から徹底的に解説する。
お前らも少しは耳を傾けろ。

目次

日本だけが外国人による土地売買をほぼ無制限に許可している現実

制限が緩すぎる現状

他の国々では、外国人による土地の売買には厳しい制限が設けられている。

例えば、アメリカでは軍事基地周辺の土地売買に厳しい制限があり、フィリピンでは外国人による土地所有が完全に禁止されている。
一方、日本では重要土地等調査規制法の指定区域を除けば、外国人が自由に土地を売買できる状態が続いている。

1994年に日本が署名した「GATS」(サービスの貿易に関する一般協定)により、この状況が生まれたのだ。
お前ら、この事実を見過ごしていたんじゃねえのか?

SNSで大騒ぎになった中国人による沖縄の土地購入

2020年、中国人がSNSで「沖縄本島から約20キロの無人島を買った」と投稿し、大騒ぎになった。
これに対し、中国のSNSでは「領土が増えた!」と喜びの声が上がった。

こんな状況が続くと、日本の土地が次々と外国人に買われ、国内の資源や景観が失われる危険性があるんだ。
まさか、お前ら、これをただの噂だと思ってたんじゃないだろうな?

外国人による土地売買の問題点

問題点①:取得した土地の使途が自由すぎる

日本では、外国人が取得した土地の使途にほとんど制限がない。

これでは、山や森、水源などの貴重な資源を外国人に好き放題使われるリスクがあるんだ。
特に水源地や森林、鉱泉地などが狙われやすい。

お前らも知っての通り、日本の自然環境は限りある資源だ。
これを守るためには、外国人による土地の使途に厳しい制限をかける必要がある。

問題点②:法的対応の困難さ

外国人が土地を取得すると、日本の法律が適用されるとはいえ、外国人所有者が身元不明になるケースもある。

特に相続が発生した場合や、所有者が国外にいる場合、法的手続きを進めるのが難しくなる可能性がある。
これでは、日本の法律の適用が困難になるリスクがあるんだ。

お前ら、こんなことになってからじゃ遅いぞ。

問題点③:国土の大部分が外国人所有になるリスク

林野庁の調査によれば、平成18年から令和3年にかけて2,614ヘクタールもの森林が外国人に購入されている。

これがさらに進行すれば、日本の国土がどんどん外国人所有になるリスクがある。
お前ら、これを放置していると、日本の国土がどんどん外国人に奪われるぞ。

外国人による土地売買への規制動向

2022年9月20日施行の重要土地等調査規制法

この法律により、重要施設や国境離島の周囲1㎞の区域内での土地利用状況を定期的に調査することが決まった。
これで少しは安心かもしれないが、まだまだ甘い。

防衛関係施設や海上保安庁施設、原子力発電所、空港などの重要施設、国境離島等の周囲約1kmの区域内での土地利用状況を定期的に調査することになったが、これでは不十分だ。

2023年5月11日提出の規制法案

国民民主党が提出したこの法案では、外国人による土地の取得・利用実態を5年以内に調査することを義務付け、水源地なども規制対象に含める内容が盛り込まれている。
しかし、これもまだまだ不十分だ。

お前ら、もっと厳しい規制が必要だと思わないか?

外国人による土地売買は本来どうあるべきか?

取引自体を全面的に禁止する必要はない

外国人による土地売買そのものを全面的に禁止するのは極端すぎる。
外国人投資で日本にビッグマネーが流れ込むのはメリットだ。

しかし、規制すべきは「土地の使途」だ。森林や水源などの資源を無制限に使わせるわけにはいかない。
お前ら、外国人投資のメリットを享受しつつ、資源の適正利用を確保するためには、土地の使途に関する規制を強化する必要があるんだ。

まとめ

ほぼ制限なく外国人が自由に土地を売買できるのは、日本だけだ。このまま放置していると、日本の資源が外国人に奪われる危険がある。

規制は必要だが、取引そのものを禁止するのではなく、土地の使途に制限をかけるべきだ。
お前らも少しは現実を理解できただろう。
日本の未来のために、早急な対策が求められているんだ。お前ら、ちゃんと考えろよ。

モチベーションのためにブログランキング参加してます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次